簡単集計ツール

EXCELで何が何個あるか数えるだけです。

簡単集計ツール
何が何個あるか数えるだけ
簡単集計ツール.xlsm
xlsm ファイル 49.0 KB


例 部品名が次のようにあったとします。

C3216JB1E106MT

CM05Y5V104Z16AH

CM05Y5V104Z16AH

CM05Y5V104Z16AH

CM05Y5V104Z16AH

CM05Y5V104Z16AH

CM105B225M06AT

CM105B225M06AT

CM105Y5V104Z25AT

CM105Y5V104Z25AT

TAJB476M010Y

 

これを部品名ごとに数えると

C3216JB1E106MT        1

CM05Y5V104Z16AH     5

CM105B225M06AT       2

CM105Y5V104Z25AT   2

TAJB476M010Y            1

になります。

ACCESSだとクエリで簡単に集計できますが、EXCELで同じことをしようとすると非常に面倒で、countif関数を使うか、ピボットテーブルを作成するしかありません。

私がよく使うのは、部品面とはんだ面の部品数を個別に求めるときなどです。ほとんどの部品表は1枚の基板を構成する部品数ですから、両面分まとまってあります。生産現場では、必ずしも両面同じラインで生産するわけではなく、部品の割り振りなども発生しますから、このマクロを使って部品数を数えています。

使い方は以下の通りです。

データを貼り付けたらStartボタンをクリックしてください。

詳しくは、説明を読むボタンをクリックすると表示されます。

 

余談ですが、私このマクロEXCEL97の時代から使っております。EXCELのバージョンに合わせて機能も進化させてきています。

ACCESSでも同じことができるのですが、1回しか使わないデータをテーブルに入力するのも面倒なので、このマクロでほとんどの数の勘定は済ませてしまっています。